低用量ピルが日本でももっと普及するには

パソコンでインターネットを使っているOL我が国においては、諸外国並みに女性の社会進出も進んでおり、結婚しても仕事を続けるという方が増えて来ました。
男性並みに部下を持ち、責任ある地位でバリバリと働くキャリアウーマンも珍しくはなくなっていますが、こういった女性に取って予期せぬ妊娠ということは、もっと避けなければならないことで、人生設計を大きく狂わせてしまうことにもつながりかねません。
女性は妊娠すれば確実に身体は変化し、場合によっては今までとは同じように働けなくなってしまう方も多いといわれています。
責任ある大人の女性である以上、自身の妊娠で周囲に多大な迷惑をかけることは不本意の極み以外の何物でもなく、自己管理ができないだらしがない人間と見られても仕方がないことです。
その為にも、低用量ピルを服用して、自分の妊娠時期はしっかりとコントロールできるようにしましょう。
日本でもこの低用量ピルが解禁となり、より安全に服用できるようになりましたが、依然として諸外国に比べると普及率は低いままです。
この理由には、低用量ピルに対する誤解と偏見があり、間違った情報を鵜呑みにしている方も少なくありません。
日本においてこの素晴らしい医薬品がもっと普及し、望まない妊娠をしてしまう不幸な女性が減るようにするには、もっと様々な媒体を通して、低用量ピルに関する正しい情報が発信されることに尽きます。
一昔前に日本で使われていたピルは、中用量ピルになるので、どうしても辛い副作用が伴いがちでしたが、今主流となっている低用量ピルは、ほぼ副作用がないといわれており、子宮がんや乳がんのリスクも高くはありません。
むしろピルを服用している女性の方が、定期的に婦人科検診を受けるようになるので、早期に発見できるというメリットもあるのです。