低用量ピルで子宮内膜症の癒着率を下げる

電話をしていて困り顔の女性子宮内膜症は今、20代女性に増えている婦人科系の病気です。
通常、子宮内膜が厚くなりそれが剥がれる事で、生理となります。
子宮内膜症は子宮の中でなく、子宮の外にある腹膜・卵巣・卵管・腸などにできてしまう症状を起こします。
子宮外に子宮内膜ができると、生理の時に経血として排出されません。
すると、どんどん体の中に子宮内膜が溜まり炎症を起こし、癒着状態となってしまうのです。
癒着とは子宮や卵巣や腸が、引きつれたようにくっついてしまう症状で、これによって生理痛が酷くなったり場合によっては、不妊症の原因となります。
辛い症状を引き起こしてしまう子宮内膜症ですが、低用量ピルによって症状の進行をストップする事が可能です。
低用量ピルは今現在、一番普及しているピルの事を言います。
ピルには高用量・中用量・低用量とあり、このうち低用量ピルは含まれているホルモン剤が、最も少ない点が特徴です。
ホルモン剤が多く含まれれば含まれる程、服用した際に体への負担も大きくなり、副作用を感じやすくなりますが、低用量であれば高用量・中用量と比較すると副作用が起こり難いと言われています。
低用量だからといって作用が薄いという事はありません。
正しく服用する事によって、ほぼ100%の確率で避妊の効果も得られますし、子宮内膜症の治療にも効果を発揮します。
低用量ピルは服用する事によって、子宮内膜が厚くなる前に生理を起こす作用を持っています。
子宮内膜症は子宮内膜が子宮外で、増殖する事で起こる病気です。
ですので、低用量ピルを服用する事により、子宮内膜が厚くなる前に生理を起こす事で、進行を抑える効果が期待できます。
生理の度に生理痛が酷くなる、月経量が多いという場合、子宮内膜症かもしれません。
まずは婦人科で子宮内膜症でないか、検査を受ける事をお勧めします。