低用量ピルやホルモン剤で月経前症候群に備える

机に突っ伏してしまっている女性女性は、十代前半で初潮を迎えて以来、毎月生理という習慣があります。
この生理には非常に個人差があり、生理周期や生理期間、経血量、生理痛の有無、そして生理前に現われる様々な症状など、同じ遺伝子を持つ親子や姉妹でも全く違います。
生理前および生理中も、心身ともにいつもと変わらない状態で過ごすことができる方もいれば、月経前症候群がかなりきつい人、生理中は寝込んでしまうほど体調が悪くなってしまう方など様々で、こういった方に取って生理は、憂鬱なものでしかありません。
このように生理によって心身に不具合を生じている女性には、低用量ピルなどを服用するホルモン治療が最適です。
低用量ピルは、避妊薬として広く知られていますが、女性に取っては切り離して考えることのできない生理を、かなり薬なものにしてくれるという効能があり、生活の質を格段に向上させることができる医薬品なのです。
特に生理前に、精神的な不調を訴える女性は多く、イライラがひどくなる方もいれば、涙もろくなる方、ヒステリックになってしまう方など、自分でこういった感情の起伏をコントロールできないことは、非常に辛いことであり、周囲からの理解も得られないことも多く、精神的に追い詰められ鬱のような症状にまで陥ってしまう方も少なくありません。
低用量ピルを服用するようになると、ホルモンバランスが整うので、排卵を境に乱れやすい女性ホルモンが安定するため、前述したような感情の起伏や身体のむくみや眠気、だるさなど、身体の不具合も緩和されるといわれています。
毎月生理がやって来るのが辛くて仕方がない、と悩んでいる女性は、ぜひこの低用量ピルをうまく取りいれて、快適な毎日を過ごせるようにしましょう。