心房細動の方の低用量ピル服用と無印良品のピルケース

心房細動の人は低用量ピルを服用するのは控えておいた方が賢明です。
心房細動では心房が細やかに動いてしまう状態になる不整脈の一種です。
心房が不規則になり機能的また組織学的な変化で興奮の伝導にばらつきが生まれて伝播方向の違う複数の興奮波が心房を興奮させて起こります。
心房細動が始まると心室応答数が多くなって不規則である頻拍になって、強めの動悸と胸に違和感を感じます。
そして心臓の機能がうまくいかなくなってしまいます。
このために心臓から身体全体へ流れるはずの血液が減ってしまい、めまい、不整脈や息切れなどを起こすのです。
低用量ピルの服用はこのような症状を悪化する可能性が高まります。
心房細動は急に出てくる動悸としての自覚症状が出て、発作が出るととてもではないが仕事や勉強に集中できなくなります。
致死性のある不整脈ではないのですが確実に生活の質を落としてしまいます。
このような状態で低用量ピルを服用することによって、血栓症を引き起こしたり、低用量ピルの副作用自体のリスクを高めてしまいます。
薬を入れるためのケース次に低用量ピルを持ち運ぶためにピルケースを利用することについてです。
低用量ピルはそのままだと持ち運ぶのに不便なので専用のピルケースを使いましょう。
これがあると出先で服用する必要のある時に便利です。
なかなかいいものが見つからないことが多いのでおすすめなのが無印良品のピルケースです。
大きさはさまざまなタイプがあり、その中でも個別になっているものは分割して使うことができるので便利で、また中身の仕切りを自由に調整できるタイプのものも使い勝手がいいです。
無印良品のポリプロピレンカードケースもピルケースとして使えますので、これらを使うと低用量ピルの持ち運びに便利です。